home

  • 「鯉丸と音助」45 ありがとうございました

    年度初めのお忙しいなか、お運びありがとうございました。

    私は久しぶりの「二人旅」と初演の「宿屋の富」でした。

    旅の話は難しい。場面が定まらないからです。どんどん進んで刻々と動いているからです。間がもてるようになった、噺によっては自分でそう思えるときもある。しかし旅の話は難しい。上方落語ではまず初めに旅の話から教わると言われるが、これはまったく理にかなっていると思う。

    音助さんの「人形買い」楽しくやっていて素晴らしかった。

    次回予告

    「鯉丸と音助」46
    6/17(月) 19時開演
    於 らくごカフェ
    (地下鉄「神保町駅」A6出口から1分)
    予約1,800円 当日2,000円
    出演:雷門音助 瀧川鯉丸

    予約フォーム
    https://forms.gle/aC6ihWhZPk6SS94L8

  • 向じま墨亭「はねはね」お待ちしてます

    やっとブログの投稿画面を開く。

    今日の午前中はすごい荒天でしたなあ。

    家族はこんな日にお勤めの日が重なってしまい災難だが、機嫌よく帰ってきてくれて、おもしろエピソードまで披露してくれて素晴らしいと思った。

    私は天候が不順ですとまったく駄目です。

    今月は確定申告できて、新しい噺も覚えて、YouTubeの投稿もリハビリできて、昔の上方落語のある師匠の素晴らしさに気づけたので、もうそれだけでいいんじゃないだろうか。

    あとここには書きづらいこともいくつかありましたが、そういった心の負担もどうにかやり過ごせて素晴らしい。

    あすの「はねはね 〜鯉丸・昇吾・信楽の会」と来週の「鯉丸と音助」の準備。

    向じま墨亭、まだ行ったことないという方は、明日あたりにぜひお越しいただきたい。

    第48回「はねはね 〜鯉丸・昇吾・信楽の会」
    3/30(土) 14時開演
    於 向じま墨亭
    東武線「曳舟駅」から徒歩8分
    2,000円
    出演: 春風亭昇吾 柳亭信楽 瀧川鯉丸

  • 風が強く吹いている

    今月前半は新宿と浅草と、続けて寄席の出番をいただいた。

    船を漕ぐようなもので、お客席に乗せてもらって、自分の実力以上にいい雰囲気になる日。

    逆に、遭難しないようにするだけで精一杯の日も。

    毎度思うことだが、ひっきりなしで寄席に出て、お客席をいい雰囲気にする真打の師匠方はすごい。

    喫茶店に座ると、毎日来ているスカジャン爺さんと隣になる。

    「自分だけじゃどうにもならんこともあるがな」

    「まあまあまあ、そうですね」

    「それに世の中、これが正解と決まったこともないがな」

    「はい」

    「そう目の前のことをコツコツやるしかないんじゃな」

    そして爺さんは目の前のプリン・ア・ラ・モードを2時間かけて食べると、ドクダミ色のスクーターに乗って帰っていった。

    https://www.youtube.com/watch?v=uagVnrkAPhw&t=65s